2017/03/26

健康に悪いグラノーラ、ポカリスエット、アクエリアス、カロリーメイトは糖質制限ダイエットに不向き

なんか豊洲の地下水も福島の野菜も

科学的に安全って証明されてるのに

アホなマスコミとアホなジャーナリストが

無駄に不安あおって

無駄に税金使ったり

風評被害を起こしたりしてるよね。

ほんとどーしよーもねーな。。。

理屈でモノ考えられない奴が世の中を悪くしてる。

マチガイナイ(#`皿´)





さて今日は有名な健康食品をdisっておきましょーか。

「バランスの良い栄養がとれますよ~」

「お手軽ですよ~」

というイメージでよく売れてる健康食品の代表格、

グラノーラ、ポカリスエット、アクエリアス、カロリーメイト。

端的に言って、これらは全部

”健康阻害食品”だ。

いずれも糖質がめちゃ多い。

こんなんに金払って食うとかありない、

というのがオレの感覚なのだが、

恐ろしいことに、これらはアマゾンでの評価がとても高い。

いずれも★は4点後半台をつけており、

レビューにも

「ダイエットに食べてます!」

「美味しいです!」

「便利です!最高です!」

「何度もリピしてます!」

というコメントが並ぶ。

おいおいお前ら正気か?!とw





★グラノーラ

朝食のシリアルフレークとして大ヒットした

カルビーのグラノーラ。

ローカロリーで、

ビタミンやミネラルが摂取できることをうたっているが

それ以上に糖質が多すぎる。

爆発的に売れてはいたものの

糖質はよくないという世間の逆風を感じたのか、

2016年秋、カルビーはフルグラ糖質25%オフ

という新商品を出した。

しかしこれでも1食50gで糖質量18.1gもある。

牛乳200mlをかけると糖質量が28g。

グラノーラ50gってめちゃ少ないからね。

茶碗半分程度。

たぶん普通の人は1回100gくらい食べているだろう。

そうするとこれだけで糖質50gは超える。

茶碗1杯の米を食ってるのと同じ糖質量だ。

取りすぎ取りすぎ。





★ポカリスエット、アクエリアス

さわやかなパッケージデザインで有名なスポーツ飲料。

ポカリスエット500mlの糖質量は31g。

アクエリアス500mlの糖質量は23.5g。

カロリーは低めだが

いかんせん糖質が多い。

せっかく運動しても、こんなの飲んだんじゃ

ぜんぶ台無し。

運動後のドリンクでいいのは

水に少量の塩を入れたものか

レモンを入れたものかどっちか。

か、プロテインだな。





★カロリーメイト

これも昔からよく売れてる栄養機能食品だな。

朝食がとれない忙しい人のための食事ってイメージで売ってやがる。

栄養機能食品ってナンダヨ?って感じだが

消費者庁の資料によると

栄養機能食品は、栄養成分の機能の表示をして販売される食品です。栄養機能食品として販売するためには、一日当たりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分量が定められた上・下限値の範囲内にある必要があるほか、栄養機能表示だけでなく注意喚起表示等も表示する必要があります。

とある。

栄養成分が表示してあるってだけで、

別に健康にいいということを証明するものではない。

あくまで、「ちゃんと書いてありますよ」ってだけの話。

たしかにバランスよくいろいろな栄養素が入ってるわけだが、

過剰な糖質摂取をしたのでは意味がない。

糖質量はというと、

カロリーメイト(プレーン)1箱分4本で41.7g。

こんなん食うんだったら、ゆで卵2個食べたほうが

よほど経済的だし健康にいい。

ビタミン、ミネラルはサプリなど

別の方法で補うことを考えたい。





いずれも、

青空+汗をかいた美人女優

みたいな組み合わせの大量広告を作り、

さも健康に良さそうなイメージをうえつけてるわけだが、

現実は毒をバラまいて消費者の健康を損なってるだけ。

とんでもないわな。

理屈ではなくイメージで決断を下す、

頭の悪い情弱消費者向け商品だね。


0 件のコメント :